花村萬月『舎人の部屋』

書誌情報

  • 舎人の部屋とねりのへや
    花村萬月はなむらまんげつ
    2018-01-11
    双葉社
    過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称モデル・宮島弥生を描いた前作『浄夜』の登場人物だった舎人憲夫。果たして彼は弥生の想念のなかから生みだされた妄想なのか、それとも…。虚構と現実を行き来する舎人の“M”を描いた哲学的小説。

関連リンク