池澤夏樹/池澤春菜『ぜんぶ本の話』

書誌情報

  • ぜんぶ本の話ぜんぶほんのはなし
    池澤夏樹いけざわなつき池澤春菜いけざわはるな
    2020-06-27
    毎日新聞出版
    ケストナー、ル・グィン、ヴォネガット、福永武彦… 世界は素敵な本で溢れてる! 小説家の父と声優の娘が読む喜びを伝える対談集。
    はじめて読んだ本をおぼえていますか?

    ページをめくれば溢れだす、しあわせな時間と家族の思い出。さあ本の国へ旅にでよう――。          
    本書は、文学者の父・池澤夏樹と声優、エッセイストの娘・池澤春菜のふたりが、「読書のよろこび」を語りつくした対話集です。                      
    「本は生きもの」と語る父。「読書の根本は娯楽」と語る娘。
    児童文学からSF、ミステリーまで、数多くの本を取り上げ、その読みどころと楽しみかたを伝えます。
    池澤家の読書環境やお互いに薦めあった本、夏樹さんの父母(春菜さんの祖父祖母)である作家・福永武彦や詩人・原條あき子について等、さまざまな話題が登場。
    さらに巻末にはエッセイ「福永武彦について」(池澤夏樹)、「ぜんぶ父の話」(池澤春菜)も特別収録しています。


    【登場する作家と作品(一部)】
    E・ファージョン『ムギと王さま』、E・ケストナー『エーミールと探偵たち』、サンテグジュペリ『星の王子さま』、R・アームストロング『海に育つ』、K・ヴォネガット・ジュニア『スローターハウス5』、W・ギブスン『ニューロマンサー』、A・マキャフリー『歌う船』、松本清張『点と線』、C・オコンネル『ゴーストライター』、J・ル・カレ『スマイリーと仲間たち』、福永武彦『死の島』、『マチネ・ポエティク詩集』......

関連リンク