角田光代

角田光代の新刊・近刊情報

  • 角田光代
    2021-07-07
    文藝春秋 文春文庫
  • 角田光代/島本理生/燃え殻/ほか
    2021-05-28
    新潮社 新潮文庫
  • 角田光代/柴田元幸/夏目漱石/ほか
    2020-12-28
    河出書房新社
    エッセイ、詩、小説、漫画、27人の短編アンソロジー。
  • 堀江敏幸/角田光代
    2020-11-30
    新潮社 新潮文庫
    たとえば、物語の中で少女が食べる「甘パン」。あるいは、殺し屋が飲む一杯の「珈琲」。小説、エッセイ、日記…と、作品に登場する様々な「食」を、二...
  • 角田光代
    2020-11-19
    光文社
    イラストレーター井出ちづる。夫は若い女と浮気をしている。嫉妬はまるで感じないがそんな自分に戸惑っている。早くに結婚して母となった岡野麻友美。...
  • 角田光代
    2020-10-06
    小学館
    少女、大学生、青年、夫婦の目を通して、愛と記憶、過去と現在が交錯する多彩で技巧をこらした物語が始まる。角田光代の魅力があふれる魅惑の短篇小説...
  • 角田光代
    2020-07-30
    小学館
    直木賞作家・角田光代の本をめぐるエッセイ集。子どもの頃の愛読書に始まり、漫画も含めた著者の多彩な読書遍歴を存分に味わえる。書評や文庫の解説も...
  • 角田光代
    2020-07-15
    角川春樹事務所 ハルキ文庫
    「私は幾度でも、奇跡の目撃者になりたい。そこに物語が生まれるから」-小説家の角田光代さんは、ともかくも心を強くしたいと切望し、二〇〇一年元世...
  • 角田光代/ジェイミー・シェルマン/マイケルオマラ出版社
    2020-05-25
    東京書店
    かしこく・つよく・しなやかに…オトナ女子に贈る猫の教え。イギリス発の猫イラストエッセイを角田光代が翻訳!
  • 角田光代
    2020-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 角田光代
    2020-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 角田光代
    2020-04
    河出書房新社
  • 伊丹十三/角田光代/島田雅彦
    2020-03-23
    河出書房新社
    酒がすすんで困ります…しんみり呑むのも、わいわい呑むのも、「つまみ」あればこそ。36篇のつまみエッセイ。
  • 角田光代
    2020-03
    オレンジページ
    京都の卵サンドのおいしさに震え、ドラマロスになり、レモンサワーをこよなく愛す。年を重ねても変わらない、角田光代のかけがえのない日常。オレンジ...
  • 角田光代
    2020-02-27
    河出書房新社 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻
    宇治を舞台に、光源氏ゆかりの二人の貴公子と姫君との恋と性愛。等身大の男と女を描く完結巻。
  • 角田光代
    2019-11-01
    小学館
    少女時代の作文修業に始まり、挫折を乗り越えた作家人生、失恋、結婚を振り返る自伝、愛してやまない忌野清志郎論、趣味である旅とマラソン、様々な町...
  • 角田光代
    2019-10-09
    文藝春秋 文春文庫
    中年たちは皆、運動を始める。フルマラソンに山登り・ボルダリング。人気作家が果敢に挑戦した爆笑と共感の傑作エッセイ集。
  • 角田光代
    2019-07-26
    新潮社 新潮文庫
    妻に離婚を切り出され取り乱す夫と、その心に甦る幼い日の記憶(「月が笑う」)。人気料理研究家になったかつての親友・春花が、訪れた火災現場跡で主...
  • 池上永一/角田光代/中島京子/ほか
    2019-06-14
    KADOKAWA 角川文庫
    あなたは運命の人に出会えましたか。決定版! 恋愛小説傑作アンソロジー
  • 角田光代
    2019-06
    スイッチ・パブリッシング
    ブッダガヤ、台北、バルセロナ、香港、メキシコシティ、松島、バリ、八丈島ーめくるめく旅の記憶を綴ったエッセイ集。
  • 向田邦子/角田光代/西加奈子
    2019-05-22
    小学館
    向田邦子の名作を大の向田ファン・角田光代がリライト、絵を西加奈子が小説家らしい大胆な構成で描きます。戦争中の、ちいさな妹と普段は厳しい父親の...
  • 角田光代/吉田修一/村山由佳/ほか
    2019-03-08
    河出書房新社
    6人の人気作家と個性あふれる愛猫たちの日常。125点の写真+インタビュー+番組書き下ろし作品収録!!
  • 角田光代
    2019-02
    スイッチ・パブリッシング Switch library
    24歳の私ははじめて自分の脚と頭を使って旅をしていた。電気のないその島は当時の私にとってとくべつな天国みたいだった。帰ってきてもその天国感は...
  • 角田光代
    2018-12-07
    朝日新聞出版 文庫
    刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子供を殺した母親をめぐる証言にふれるうち、彼女の境遇に自らを重ねていくのだったー。社会を震撼させた乳幼...
  • 角田光代
    2018-10-31
    河出書房新社 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻
    光源氏への女三の宮の降嫁をから、揺るぎない六条院の調和が崩れ始めていく。最高傑作「若菜」を含め、「玉鬘」から「幻」まで収録。
  • 角田光代
    2018-10-06
    文藝春秋 文春文庫
    ボクシング専門誌から文芸編集者となった那波田空也は、一度は離れたボクシングの世界へ近づく。かつての花形選手立花に再会して…。
  • 角田光代
    2018-05
    角川春樹事務所
    後楽園ホールで、大阪で、マカオで…カクタさんは戦う男たちに、叫び、涙し、祈る。ボクシングは、こんなにもドラマに満ちている!
  • 角田光代
    2018-04-10
    幻冬舎 幻冬舎文庫
  • 角田光代
    2018-02-26
    小学館
    直木賞受賞前後に発表された著者の名短篇を初集成。「私はあなたの記憶のなかに消えます」という言葉を残し姿を消した妻を捜して、記憶をさかのぼる旅...