鹿島田真希

鹿島田真希の新刊・近刊情報

  • 小川洋子/鹿島田真希/白河三兎/ほか
    2018-11-10
    PHP研究所 PHP文芸文庫
    動物がペンネームに隠れている作家が、その動物たちをテーマに短編小説を書いたら……。ミステリーから泣ける作品まで5作品を収録。
  • 鹿島田真希
    2016-08-25
    河出書房新社
    ゲイバー「Aqua」で、僕が愛した青年が語る、ひとりの聖女と彼女に溺れゆく男たちの物語――「背徳的な愛」を峻烈に描く衝撃作!
  • 鹿島田真希
    2016-06-09
    文藝春秋
    次回作が書けずに悩む駆け出しの作家三崎小夜。周囲のちょっと壊れた人たちに翻弄されながら、戦う快楽に目覚めるまでの成長物語
  • 小川洋子/鹿島田真希/白河三兎/ほか
    2016-01-27
    PHP研究所
    動物がペンネームに隠れている作家が、その動物たちをテーマに短編小説を書き下ろし! ミステリーから泣ける作品まで5作品を収録。
  • 鹿島田真希
    2015-01-07
    河出書房新社 河出文庫
    裕福だった過去に執着する母。奈津子は幼い頃から母の欲望に振り回され……車椅子の夫と辿る失われた過去への旅を描く芥川賞受賞作。
  • 鹿島田真希
    2014-12-22
    新潮社
    「旧約聖書は本当の物語なんだ」芥川賞作家が描く、神と人との物語。
  • 鹿島田真希
    2014-03-14
    講談社 講談社文庫
    イケメン、秀才、野球部エースの喜多義孝とふつうの女子高生の宮下奈緒。幼馴染二人の恋は遺された少女の日記により歪みを見せ始め。
  • 鹿島田真希
    2013-09-30
    新潮社
    君が音楽の魂ならば、僕は音楽の肉体だ──天才美少女、その自由を受け止める優しい青年。作曲家志望の二人の音大生の運命を描く長編
  • 鹿島田真希
    2013-05-09
    文藝春秋
    お洒落にも外出にも興味を持たぬ妻の関心は夫の愛情が自分にあるかどうかということのみ。気晴らしを拒否し、悩みぬく女の姿を描く。
  • 鹿島田真希
    2012-10-10
    文藝春秋 文春文庫
    バー「黄金の猿」に夜な夜な集まる男達と青ざめた女。そして林の中を彷徨う女。いま最もスリリングな日本語の使い手による作品集
  • 鹿島田真希
    2012-10
    河出書房新社 河出文庫
    聖書の中で語られた出来事が、もし学校で起こったら…。アダムとイブの物語にも似たバレンタインの一日や、「安息日の律法」と見紛う女子校でのルール...
  • 鹿島田真希
    2012-08
    集英社
    「あの人」を失ったことを誰にも言えぬまま保育園で働く「わたし」。恋愛の美しい記憶を反芻し、袖をぬらしながらも、同僚の和紙の方と酒宴にむかい、...
  • 鹿島田真希
    2012-07
    河出書房新社
    裕福だった過去に執着し、借金を重ねる母と弟。一族の災厄から逃れたはずの奈津子だが、突然、夫が不治の病にかかる。だがそれは、奇跡のような幸運だ...
  • 鹿島田真希
    2012-06
    講談社 講談社文庫
    宛名書きのアルバイトで生計を立てる吉田青年は、滑稽なまでに心が清く純粋だ。ある日彼は、人々から軽蔑されたいと願う美少女・佐藤ユキに出会う。ユ...
  • 鹿島田真希
    2012-06
    講談社 講談社文庫
    愚かなまでに清い吉田青年の純粋さに憧れる人々は、彼を中心にしたサークル活動を開始。平等な社会の実現を目指し、誰もが憎しみや貧困から逃れられる...
  • 鹿島田真希
    2011-09
    講談社
    頭脳・容姿・運動神経の三拍子揃った「選ばれし」喜多義孝と、幼馴染みの目立たない「ふつうの」宮村奈緒。10年前に自殺した女子高生の一冊の日記を...
  • 鹿島田真希
    2009-09
    新潮社 新潮文庫
    優しい夫と息子と団地で暮らす何不自由ない生活を捨て、ある日、女は長崎へと旅立った。かつて六〇〇〇度の雲で覆われ、原爆という哀しい記憶の刻まれ...
  • 鹿島田真希
    2009-07-29
    文藝春秋
    男女の心の襞を磨き抜かれた言葉で描く“黄金の猿”3部作など、ときに惑わせ、ときに爆笑を誘うスリリングな5篇の鹿島田ワールド
  • 鹿島田真希
    2009-04
    講談社
    めくるめく会話劇。馬鹿馬鹿しくも美しい精神のドラマ。"聖なる愚か者"吉田青年を巡る奇妙な物語。デビュー10周年、三島賞&野間文芸新人賞作家の...
  • 鹿島田真希
    2009-01
    河出書房新社
    居心地の悪さを感じながらも井戸会議に参加する、子どもを持たない主婦。ありふれた女に不意に訪れた、静かな奇蹟とは?第140回芥川賞候補作。
  • 鹿島田真希
    2007-08
    講談社
    「おれは、おれの知らなかった恋愛を先生がくれると思った」音大受験を控えた「おれ」と「先生」のレッスンは排泄の儀式から始まった-論議を呼んだ表...
  • 鹿島田真希
    2006-07
    新潮社
    建築史家の若手教授、彼に弟子入りする小説家志望の青年、教授が片思いの愛を捧げる少女、少女を残酷に支配する婚約者の美青年。現代の都市の話題の建...
  • 鹿島田真希
    2005-12
    河出書房新社 河出文庫
    「青春。青く未熟な春と書く。しかし現実は冬そのものだ」-明と純一は幼なじみの落ちこぼれ男子高校生。何もできないがゆえに人気者の純一に明はやが...
  • 鹿島田真希
    2005-06
    新潮社
  • 鹿島田真希
    2004-08
    新潮社
    あの人が私を殺す。家族だからという理由で-。27歳、文学の鬼才、優美ど残酷な異色作。三島由紀夫賞候補作。
  • 鹿島田真希
    2003-05
    河出書房新社
    奇蹟をめぐる5つの"聖なる愚者の物語"。"楽園"を追われた子どもたちの魂の放浪…。連載時より各紙誌で絶賛された、文芸賞作家による話題の連作小...
  • 鹿島田真希
    2000-03-24
    河出書房新社
    わたしの名前は、まりん、無数の膣をもつ女。文芸賞受賞第一作。
  • 鹿島田真希
    1999-01
    河出書房新社
    聖なるバカに福音を!女子大生ファイターが贈る学園ハードボイルド。第35回文芸賞受賞作。