吉田修一

吉田修一の新刊・近刊情報

  • 吉田修一
    2021-06-08
    文藝春秋 文春文庫
  • 吉田修一
    2021-02-19
    集英社 集英社文庫
    ANAグループ機内誌『翼の王国』の人気連載「空の冒険」エッセイ、先月発売の『泣きたくなるような青空』に続いて連続刊行!
  • 吉田修一
    2021-01-20
    集英社 集英社文庫
    こんなご時世だけど、旅に出たい! そんな気分にさせてくれるエッセイ25編。ベストセラー作家・吉田修一の素顔が垣間見える。
  • 吉田修一
    2020-10-29
    新潮社
    百歳の男の死が、出会うはずのない男女の人生を交差させ、狂わせていく。吉田修一史上「最悪の罪」と対峙する、衝撃の長編ミステリ。
  • 吉田修一
    2020-08-06
    幻冬舎 幻冬舎文庫
    突如ダムが決壊し、濁流が町を呑み込んだ。水道民営化の利権に群がる政治家や企業による爆破テロ!?秘密組織エージェントの鷹野一彦と田岡亮一は次の...
  • 吉田修一
    2020-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 吉田修一
    2020-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 吉田修一
    2020-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 吉田修一
    2020-03-16
    文藝春秋
    名作「横道世之介」、初期の傑作短篇、「自伝小説Ⅳ」など、故郷の長崎を思いながら書いた作品集。愛蔵版コレクション、ついに完結!
  • 吉田修一
    2020-01-16
    文藝春秋
    「悪人」「さよなら渓谷」「ランドマーク」等、罪を犯した男たちを描いた名作の数々。圧倒的なストーリーテリングが胸を熱くさせる!
  • 吉田修一
    2019-11-13
    文藝春秋
    デビュー作「最後の息子」から芥川賞受賞作「パーク・ライフ」、書き下ろし「自伝小説」まで十四作。恋愛小説の名作群に浸りつくせ!
  • 吉田修一
    2019-10-21
    KADOKAWA
    『犯罪小説集』に続く傑作集、豪華函入り愛蔵版
  • 吉田修一
    2019-10-04
    KADOKAWA
    逃げろ、この世界のすべてから
  • 吉田修一
    2019-09-30
    小学館
    誰もが知っているあの安寿と厨子王の時空を超える大冒険!
  • 吉田修一
    2019-09-13
    文藝春秋
    「Water」「初恋温泉」「パレード」など初期短篇から傑作長編、書き下ろし自伝小説まで全十三作。青春の熱気、せつなさ、衝撃!
  • 吉田修一
    2019-08-28
    新潮社 新潮文庫
    品川の貨物倉庫で働く亮介は25歳の誕生日、出会いサイトでOLの〈涼子〉と知り合った。どんな愛にも終わりは来るとうそぶく亮介と、愛の力を疑いな...
  • 角田光代/吉田修一/村山由佳/ほか
    2019-03-08
    河出書房新社
    6人の人気作家と個性あふれる愛猫たちの日常。125点の写真+インタビュー+番組書き下ろし作品収録!!
  • 吉田修一
    2019-02-21
    中央公論新社 単行本
    バブルの売り手市場に乗り遅れ、バイトとパチンコで食いつなぐこの男。横道世之介、24歳。いわゆる人生のダメな時期にあるのだが、彼の周りには笑顔...
  • 吉田修一
    2019-02-08
    文藝春秋 文春文庫
    ビール会社課長、明良。都議会議員の妻、篤子。TV報道ディレクター、謙一郎。東京で暮らす三人に思いも寄らぬ運命が。驚愕の長篇!
  • 吉田修一
    2019-01-18
    集英社 集英社文庫
    ポルトガルのビーチでパトカーに乗せられ、新宿ゴールデン街でなぜかフィンランドのヘヴィメタバンドと意気投合し、仕事場では愛する猫に癒されるー。...
  • 吉田修一
    2018-11-22
    KADOKAWA 角川文庫
    人はなぜ、罪を犯すのか?
  • 吉田修一
    2018-09-07
    朝日新聞出版
    【文学/日本文学小説】1964年元旦、長崎は老舗料亭「花丸」。侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、この国の宝となる役者は生まれた。男の名は...
  • 吉田修一
    2018-09-07
    朝日新聞出版
    鳴りやまぬ拍手と眩しいほどの光、人生の境地がここにある。芝居だけに生きてきた男たち。その命を賭してなお、見果てぬ夢を追い求めていく。今年最高...
  • 吉田修一
    2018-07-06
    朝日新聞出版 文庫
  • 吉田修一
    2018-05
    埼玉福祉会 大活字本シリーズ
  • 吉田修一
    2018-05
    幻冬舎
    敵か味方か、嘘か真実か、善か悪かー!?金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙しあいながら“今”を駆け抜ける!
  • 吉田修一
    2017-12-25
    新潮社 新潮文庫
    不倫を清算できない真守。そんな折、婚家の祖父が離れに住まわせていた時枝という女の不遇の生涯を聞く。桃子は、離れの床下に異常な興味が湧き、思わ...
  • 吉田修一
    2017-12-25
    新潮社 新潮文庫
    初瀬桃子は結婚八年目の子供のいない主婦。夫・真守の両親が住む母屋の離れで暮らし、週に一度、手作り石鹸教室の講師をしている。そんな折、義父の宗...
  • 吉田修一
    2017-10-02
    木楽舎 翼の王国books
    大人が、自分自身に満足するための25篇。