村上春樹『アフターダーク』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『アフターダーク』の表紙画像
タイトル
アフターダーク
かな
あふたーだーく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
アフターダーク
所要
2時間40分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
眠り続ける姉、膜の向こうの闇に無音の暴力。いかにも春樹的な装置は自己模倣なのか、次回作へ向けての主題整頓と文体修練か。この種の作品が春樹にとって必要なものだということを僕たちは知っている。でもねって。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント