舞城王太郎『熊の場所』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『熊の場所』の表紙画像
タイトル
熊の場所
かな
くまのばしょ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
熊の場所 / バット男 / ピコーン!
所要
2時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
猫殺しの表題作にしても弱者叩きの「バット男」にしても病んだ現代社会への主張が明確で、紋切り型をグロさで幻惑してる作品であってもこの意志は評価したい。血の染みたバットに責任がもてるかどうかが問題だがね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント