舞城王太郎『煙か土か食い物』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『煙か土か食い物』の表紙画像
タイトル
煙か土か食い物
かな
けむりかつちかくいもの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
煙か土か食い物
所要
4時間20分
評価
★★★★★
レビュー
名医にして名探偵の俺が連続主婦生き埋め事件をズバッと解決! 飛躍や投げ捨てが多くて何でもアリ(ドラえもん?)を爆走する謎解きも、母親が二郎に包丁を向けるシーンだけで許せる。暴力耐性ないとキツイとは思う。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント