松浦寿輝『花腐し』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『花腐し』の表紙画像
タイトル
花腐し
かな
はなくたし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ひたひたと / 花腐し
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
借金で会社を潰しそうな男が、地上げ屋の手助けにと立ち退き拒否の男を説得に行く…この時代の小説らしいストーリーなんだが、雨の通低音、茸の腐臭と叙情で覆う文体が妙にハマる。「ひたひたと」の重ね絵も新鮮味。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント