松浦寿輝『半島』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『半島』の表紙画像
タイトル
半島
かな
はんとう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
植物園 / 五極の王 / 易と鳥 (ほか)
所要
3時間20分
評価
★★★★★
レビュー
日常から逃亡してやってきた小さな島で、幻覚的な体験をする男の長編。暗闇を走るトロッコ、ヴェトナム料理屋の娘、時間も空間も歪んで無限環となる。読者が期待するカタルシスをすべて回避するような文章に酔って。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント