舞城王太郎『山ん中の獅見朋成雄』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『山ん中の獅見朋成雄』の表紙画像
タイトル
山ん中の獅見朋成雄
かな
やまんなかのしみともなるお
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
山ん中の獅見朋成雄
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
人間と獣は何が違うのか、がテーマだととらえると関係なさそうなストーリー展開。カニバリズムな「人盆」が強烈な印象を残すわりには静けさが支配する後半、背中を剃る音が延々と続く。不必要に凛としてて困惑する。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント