イッセー尾形『とりあえずの愛』

現代文学100字レビュー

作品情報

イッセー尾形『とりあえずの愛』の表紙画像
タイトル
とりあえずの愛
かな
とりあえずのあい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
百番目の湖 / 山田太郎がやって来た / 花とカルピスの君 (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★★☆
レビュー
短編小説集。「百番目の湖」の完成度にはびっくりした。夜の湖で泳ぐ女、などある種の形式に従順ながらもイメージ喚起力は良質。「なにげない日常」でも「不条理」でもなくて小説として正統派なものも書けるのかと。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント