松浦寿輝『川の光』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『川の光』の表紙画像
タイトル
川の光
かな
かわのひかり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
プロローグ 出発まで / 第一部 「帝国」との戦い / 第二部 駅越え (ほか)
所要
2時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
ネズミの親子たちの大冒険を描くファンタジー童話。著者に期待してたものとは違うので戸惑うものの、ハラハラドキドキの展開は先が気になる出来。人間の所業にも考えは及ぶけど、モグラ一家の能天気さとか雰囲気良。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント