村上春樹『めくらやなぎと眠る女』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『めくらやなぎと眠る女』の表紙画像
タイトル
めくらやなぎと眠る女
かな
めくらやなぎとねむるおんな
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
めくらやなぎと、眠る女 / バースデイ・ガール / ニューヨーク炭鉱の悲劇 (ほか)
所要
4時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
『象の消滅』と同様、海外版と同じ構成での自選短編集。本邦初公開という「蟹」、全集のみに入ってた「人喰い猫」、翻訳アンソロジーに書きおろしてた「バースデイ・ストーリー」が僕は初読だったけどそこまでだな。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント