前田司郎『誰かが手を、握っているような気がしてならない』

現代文学100字レビュー

作品情報

前田司郎『誰かが手を、握っているような気がしてならない』の表紙画像
タイトル
誰かが手を、握っているような気がしてならない
かな
だれかがてをにぎっているようなきがしてならない
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
誰かが手を、握っているような気がしてならない
所要
2時間10分
評価
★★★★★
レビュー
もちろん意図的な仕掛けなんだけど、話者が急に変わって驚かされることがたびたび。そんな語りの問題を考えたら当然出てくる「神視点」が主人公として実体化してたりもして、小説実験ながらコミカル味が心地よいよ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント