松浦寿輝『散歩のあいまにこんなことを考えていた』

現代文学100字レビュー

作品情報

松浦寿輝『散歩のあいまにこんなことを考えていた』の表紙画像
タイトル
散歩のあいまにこんなことを考えていた
かな
さんぽのあいまにこんなことをかんがえていた
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
こんな小さな物たちがいとおしい / 街を歩いたり猫と遊んだり / 散歩のあいまにこんなことを考えていた
所要
3時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
日々の随想というくらいの気軽なものが集められたエッセイ集。物について語るショートコラムを一部容れているために、マッチがどうしたとか小さい話ばかりの印象もある。でも猫への想いを綴った章は詩的でさえある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント