椎名誠『すすれ!麺の甲子園』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『すすれ!麺の甲子園』の表紙画像
タイトル
すすれ!麺の甲子園
かな
すすれめんのこうしえん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
肉吸いうどんに思わずくらくら / さぬき激戦区「ひやあつ」街道を行く / うーめん、盛岡三大麺を撃破なるか (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★★★
レビュー
ラーメン、うどんにイカソーメンまで参戦する日本最強麺の決定戦。トーナメント戦(本戦)がぐだぐだなんだけど、地方予選たる全国行脚は楽しい。いわゆるご当地麺は網羅、食紀行として内容充実。強引評価も逆に好感。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント