村田沙耶香『マウス』

現代文学100字レビュー

作品情報

村田沙耶香『マウス』の表紙画像
タイトル
マウス
かな
まうす
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
マウス
所要
1時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
クラスのなかでの空気読みと陣地取り、その息苦しさを表現しようとしたら狂気の域に入っちゃった。強固すぎるペルソナも怖いし、それを歓迎する共同体も怖いよ。「マウス感」は非リアルとしての迫力で伝わるけどね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント