村上春樹『パン屋再襲撃』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『パン屋再襲撃』の表紙画像
タイトル
パン屋再襲撃
かな
ぱんやさいしゅうげき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パン屋再襲撃 / 象の消滅 / ファミリー・アフェア (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
言葉の冴え冴えとした短編集。変かもしれないけれど「ファミリー・アフェア」が一番。顕微鏡で自分の部屋を覗いているような物哀しい気分になって。文章が洗練されているだけ余計に。「ねじまき鳥」原型も収録する。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント