柳美里『魚の祭』

現代文学100字レビュー

作品情報

柳美里『魚の祭』の表紙画像
タイトル
魚の祭
かな
うおのまつり
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
魚の祭
評価
★★★★☆
レビュー
次男の死によって家族が集まって来る、家。明らかに自身の家族をモデルにして、その愛ゆえのすれ違いと葛藤で迫る戯曲。ほどんど露出癖とも言える胸の内の見せ方は、やはり独自のものとして評価してもいいのだよな。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント