村上春樹『国境の南、太陽の西』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『国境の南、太陽の西』の表紙画像
タイトル
国境の南、太陽の西
かな
こっきょうのみなみたいようのにし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
国境の南、太陽の西
評価
★★★☆☆
レビュー
痛々しく若い愛と性という前半は分かる。過去の愛が現在へ侵食してくる後半をどう読むか。人物達は残酷なほど年をとり、なおかつ現実と折り合いがついていない。成長することは残酷だね、で読み終わっていいものか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント