村上春樹/稲越功一『使いみちのない風景 ― 愛する人に

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹/稲越功一『使いみちのない風景』の表紙画像
タイトル
使いみちのない風景
かな
つかいみちのないふうけい
副題
愛する人に
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
使いみちのない風景
評価
★★★☆☆
レビュー
旅に関するエッセイ。『波の絵~』と同様に写真が大きな比率を占めるので、環境音楽を聴くように写真を見、字を見ればいいのかもしれない。でも使いみちのない風景って言い方は好きだな。旅なんてそんなものだもの。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント