村上春樹『レキシントンの幽霊』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『レキシントンの幽霊』の表紙画像
タイトル
レキシントンの幽霊
かな
れきしんとんのゆうれい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
レキシントンの幽霊 / 緑色の獣 / 沈黙 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
なんだかやたら人が死ぬ短編集。そのせいか(氷男のせいか?)ひんやりとしている印象。「七番目の男」のあのシーンは夢に見そうで怖かった。「沈黙」の「相手が打ち明ける過去の物語を聞く僕」というスタイルは円熟。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント