村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』の表紙画像
タイトル
神の子どもたちはみな踊る
かな
かみのこどもたちはみなおどる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
UFOが釧路に降りる / アイロンのある風景 / 神の子どもたちはみな踊る (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
神戸の地震にインスパイアされた連作短編集。各短編の登場人物達は暗喩的に直裁的に揺り動かされ突き上げられ、神戸と地続きになっているそれぞれの生活を噛み締めることになる。かえるくんとはいったい何者なのか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント