村上春樹/大橋歩『村上ラヂオ』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹/大橋歩『村上ラヂオ』の表紙画像
タイトル
村上ラヂオ
かな
むらかみらぢお
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
スーツの話 / 滋養のある音楽 / リストランテの夜 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「anan」連載のエッセイ。とは言っても女性向けってものでもなくいつもの調子だが、水丸でないエッセイはちょっと新鮮かも。「広い野原の下で」での19歳の春樹少年が過ごした「あの時代」にもはっとするものがある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント