イッセー尾形『空の穴』

現代文学100字レビュー

作品情報

イッセー尾形『空の穴』の表紙画像
タイトル
空の穴
かな
そらのあな
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
三十センチの肩幅ごしに景色は変わる / 誠実なカラス / 僕の中の西と東 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
完成度よりも「バスに乗り遅れた者達の馴れ合い的幸福感」という空気が素敵な短編集。「空洞のケヤキ」に見える心を閉ざしたコミュニケーションの肯定がこの時代を楽しむ術を教えてくれる。馴染まなくてもいいって。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント