阿部和重『シンセミア』

現代文学100字レビュー

作品情報

阿部和重『シンセミア』の表紙画像
タイトル
シンセミア
かな
しんせみあ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
シンセミア / 田宮家の歴史 / 第一部 自殺・事故死・行方不明 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
轢自殺を発端に神の町で連続して起こる事件、世界の審判と救済を見据える大長編。多くの人物が絡み合う物語を編むという意図は分かる。警察官・中山の造形は素晴らしいけど人多すぎ。結末は阿部らしく冷徹でグッド。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント