帚木蓬生『日御子(下)』

書誌情報

  • 日御子(下)ひみこげ
    帚木蓬生ははきぎほうせい
    2014-11-14
    講談社 講談社文庫
    「人を裏切らない」「人を恨まず、戦いを挑まない」「良い習慣は才能を超える」の三つの教えを守り続けた〈あずみ〉が見た古代日本。
    漢へ赴いた針のひ孫の炎女は、弥摩大国の巫女となり、まだ幼い女王の日御子に漢字や中国の歴史を教える。成長した日御子が魏に朝貢の使者を送るとき、使譯を務めたのは炎女の甥の在だった。1~3世紀、日本のあけぼのの時代を、使譯の<あずみ>一族9代の歩みを通して描いた超大作。傑作歴史ロマン小説!

関連リンク