沢木耕太郎『飛び立つ季節』

書誌情報

  • 飛び立つ季節とびたつきせつ
    旅のつばくろたびのつばくろ
    沢木耕太郎さわきこうたろう
    2022-06-30
    新潮社
    いつだって、旅はある。夢の場所がある限りは――。『深夜特急』の著者が気の向くままに歩き続けた35編を収録、国内旅エッセイ集。
    いつだって旅はある。そう、夢の場所がある限りは――。16歳のとき初めて一人で旅した秋田県男鹿半島、檀一雄の墓に参った福岡県柳川、吉永小百合と語り合った伊豆の修善寺……旅先での風景を前に、「あの頃」と「いま」が交錯する。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で人気を博した連載などから35編を収録、『深夜特急』の著者が気の向くままに歩き続けた、国内旅エッセイ集。

関連リンク