帚木蓬生『悲素』

書誌情報

  • 悲素ひそ
    帚木蓬生ははきぎほうせい
    2015-07-22
    新潮社
    あの夏、いったい何が?「毒」は人間の体と心を、どう変えるのか?現役医師の著者が実在の事件を題材に描いた鎮魂の書き下ろし巨篇!
    タリウム、サリン、そして砒素――。「毒」はなぜ、人の心を闇の世界に引きずり込むのか? 悲劇は、夏祭りから始まった――。多くの犠牲者を出した砒素中毒事件。地元の刑事の要請を受け、ひとりの医師が、九州からその地へと向かった。医師と刑事は地を這うように、真実へと近づいていくが――。「毒」とは何か、「罪」とは何か。現役医師の著者が、実在の事件を題材に描いた「怒り」と「鎮魂」の医学ミステリー。

関連リンク