金刀比羅宮

香川県は琴平、象頭山の中腹に位置し、「こんぴらさん」の名で親しまれる金刀比羅神社の総本社、金刀比羅宮。大物主神、崇徳天皇を祀り、神仏習合の寺社・金毘羅大権現として江戸時代には大いに栄えたところです。

参道は長い石段が続き、本宮まで785段、奥社までは1368段もあります。本宮の前がパワースポットです。こちらでは勝負事に挑もうというときに、ご加護をいただけるのだとか。

奥社である厳魂神社へはさらに30分ほど。本宮までは大勢の参拝客がいますが、奥社方面へ進むとめっきり少なくなります。

名称
金刀比羅宮(ことひらぐう)
所在地
香川県琴平町892-1
営業時間
境内自由(宝物館・書院は8時30分~17時)
料金
無料(宝物館・書院は800円)
公共交通
高松道 善通寺ICから15分
サイト
金刀比羅宮

金刀比羅宮周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。金刀比羅宮の門前はこんぴら温泉郷となっていて、温泉宿が並びます。みやげ物店などが並ぶ参道はいつも賑やかです。

周辺のおすすめ温泉宿

周辺の日帰り温泉

金刀比羅宮の関連アイテム

香川県(高松)の天気予報

香川のパワースポット