須藤晃

須藤晃プロフィール&ガイド

須藤晃(すどうあきら)―1952年生まれ(68歳)。富山県射水郡小杉町(現・射水市)出身。音楽プロデューサー。

CBSソニーに入社し、浜田省吾や尾崎豊、橘いずみ、玉置浩二などを手がけた音楽プロデューサー。

尾崎豊をイメージして書かれた『クォーター』、尾崎好きならやっぱ読まなきゃなと思って私は読んだわけですが、もう書店では手に入りません。尾崎ファンならやっぱり『クォーター』を探してみてください。「まぁ本業は作家じゃないしな」と思いながら読む、ってのは読書人としては正しいスタイルじゃないんでしょうかね。

関連作家・似てるかも作家:尾崎豊 見崎鉄 岡野ハジメ 鈴木慶一 小林武史 酒井政利 大村雅朗 斎藤滋 福岡智彦

須藤晃おすすめ本ベスト

  1. 『クォーター』表紙
    尾崎豊の音楽プロデューサーだった著者が彼のイメージを重ねて叩きつけた長編。東京でニューヨークで生き急ぐ優等生。ひどく渇いていて落ち着かない。疾走感と停滞感が交互にやってくる流れは、技巧を越えて力強い。
    文学(小説)

須藤晃レビュー一覧(6冊)

  1. 『キャットフード』表紙
    帰国子女なアイドルと、スターへと仕立てられて行く少年、それから敏腕音楽プロデューサー。それぞれが自分の役割から降りたがっていて、同時に小説の主人公となるのも拒んでるみたい。逃げ出すことがここでは大事?
    文学(小説)
  2. 『アイスクリーム・エンペラー』表紙
    「あいつが死んでから何もかもが変だ」。雨の日に出会った少女のためにいろいろなものが壊れはじめる売れっ子音楽プロデューサーの話。著者の経歴を知っていればあいつは尾崎に思えルビーは橘いずみに見える不思議。
    文学(小説)

須藤晃の新刊・近刊