島田雅彦『夢遊王国のための音楽』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『夢遊王国のための音楽』の表紙画像
タイトル
夢遊王国のための音楽
かな
ゆめゆうおうこくのためのおんがく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夢遊王国のための音楽 / スピカ、千の仮面
評価
★★★☆☆
レビュー
クラシック音楽のように無節操な中編二編。あえて蛇足をやることで物語を破綻させては喜んでいる文学初期衝動。言いたいことなんて始めからないのかも知れない。その調和と裏切りのリズムは現在まで続くスタイルだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント