島田雅彦『語らず、歌え』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『語らず、歌え』の表紙画像
タイトル
語らず、歌え
かな
かたらずうたえ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
文体崇拝者の死 / 分子・機械の文学へ / ミシマが夢で私に語ること (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
エッセイ集。前半には三島論が多面的に展開され、後半はクラシック音楽などいろいろ。スタイリスト(文体崇拝者)とパロディストの違い、そして自分がパロディストであるという自負。河合奈保子アイドル論ってのも…。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント