島田雅彦『ユラリウム』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『ユラリウム』の表紙画像
タイトル
ユラリウム
かな
ゆらりうむ
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ユラリウム
評価
★★★☆☆
レビュー
失われた恋人を訪ねて冥界を浮遊する幻想的な戯曲。多分に教養的というかスタイリッシュ。「クラシック」から入った作家はこういうものを書くんでしょうな。文庫版は彼の戯曲ニ編がまとめて読めるようになってます。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント