浅田彰/島田雅彦『天使が通る』

現代文学100字レビュー

作品情報

浅田彰/島田雅彦『天使が通る』の表紙画像
タイトル
天使が通る
かな
てんしがとおる
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ダンテ-愛の超新星 / ニーチェ-超人のオペラ・ブッファ / フーコー-悦ばしき回帰 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
ダンテ、ニーチェ、フーコー、三島由紀夫、ヴェンダースという思索する五人を論じた対談集。当時の哲学的文脈になるわけだが、スキゾキッドと青二才のそれぞれに偏った「知」が意外に同方向を志向していて驚いたり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント