島田雅彦『夢使い ― レンタルチャイルドの新二都物語

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『夢使い』の表紙画像
タイトル
夢使い
かな
ゆめつかい
副題
レンタルチャイルドの新二都物語
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
舞子の嗅覚 / 隕石と乳母車 / しょうがないという理論 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
ニューヨークを歩く皮膚感の長編。孤独を切り売りするレンタルチャイルド、心の友ミカイナイトといろんな仕掛けがあり、舞台も世界を駆け巡る。文章修辞をとっても「模造人間」から確実に抜け出た会心の作といえる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント