島田雅彦『ロココ町』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『ロココ町』の表紙画像
タイトル
ロココ町
かな
ろここちょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
迷子の探偵 / 遊園地の進化論 / 情報屋 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
狂った都市はひとつの遊園地として閉塞する。電気的パラレルワールドで新たな倫理と冗談を打ちたてんとする長編。SF的文調に成功しているかどうかは疑問があるが、神としてのギルガメ師の視座と壊れた人々は面白い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント