島田雅彦『流刑地より愛をこめて』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『流刑地より愛をこめて』の表紙画像
タイトル
流刑地より愛をこめて
かな
るけいちよりあいをこめて
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
群青色に灰色、そしてかすかにオレンジ色が混じるまだら模様の闇 / 般若学園へはどう行ったらいいでしょう / それで放送で呼び出されるまで校内を歩き回ってみた (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
帰国子女アリスと「中国女」に囲われた蔦麻呂。ニ人は一目で恋に落ち、世界から脱出を試みる。なんだろう、これは。ストーリーは平版でキャラも立っていない。退廃した文学を演じなければならなかった著者の真意は。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント