島田雅彦『彼岸先生の寝室哲学』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『彼岸先生の寝室哲学』の表紙画像
タイトル
彼岸先生の寝室哲学
かな
ひがんせんせいのしんしつてつがく
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
三角関係について / エクスタシーについて / 悪あがきについて (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「私たちは下半身の貧困から解放されなければならず、そのためには寝室の哲学を学ぶ必要がある」として、彼岸先生が語る模擬インタビュー。エクスタシーについて、回数について、決してハウツーではないだけ刺激的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント