島田雅彦『そして、アンジュは眠りにつく』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『そして、アンジュは眠りにつく』の表紙画像
タイトル
そして、アンジュは眠りにつく
かな
そしてあんじゅはねむりにつく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
茶の間を旅して / ダイヤモンド・ヘッド / 七歳の男 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
1分の1の地図を作るための路上観察たる表題作、現代を生きる明智光秀の「カタストロフの理論」などの短編集。ばらばらな体臭と捕らえどころのなさで煙に巻くクレクティブな島田ワールド。何というか余技的で偏執的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント