清水義範『グローイング・ダウン』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
グローイング・ダウン
かな
ぐろーいんぐだうん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
グローイング・ダウン / 黄昏の悪夢 / もれパス係長 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
人の一生は墓場から始まり、母親の胎内にもぐりこむことで終わる。逆転した時間の中で人がどんどん若返る表題作などの短編集。シンプルな文体にはまだ彼の味は薄い。その分筒井康隆の影響が見えるという人もいるか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント