清水義範『ビビンパ』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『ビビンパ』の表紙画像
タイトル
ビビンパ
かな
びびんぱ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ビビンパ / 御両家 / 謹賀新年 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
パソコン通信時代にチャットを小説にしてしまった『瞼のチャット』は実際あってもおかしくないから感動的。表題作はビビンパを食べる家族風景を正確に模写しただけのものでパスティーシュの字義拡大の一つの契機だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント