清水義範『虚構市立不条理中学校』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『虚構市立不条理中学校』の表紙画像
タイトル
虚構市立不条理中学校
かな
きょこうしりつふじょうりちゅうがっこう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
序章 / 第一章 国語科 / 第二章 数学科 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
教育の問題に取り組んだ長編。PTAから戻らない妻と息子を心配し主人公は中学校へ向かうが、そこは異常な教師達の国。各教科への「素朴な疑問」から彼もまた危険に巻き込まれて行く。という1冊全て序論。続編へ続く。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント