清水義範『黄昏のカーニバル』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『黄昏のカーニバル』の表紙画像
タイトル
黄昏のカーニバル
かな
たそがれのかーにばる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
外人のハロランさん / 黄昏のカーニバル / 唯我独尊 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
アイデア勝負の分かり易すぎるSFではあるのだが、独特の生活臭の描き方で著者らしい作品集となっている。そういう意味では誰もいなくなった世界で黙々と働き続けるコンピュータという表題作での死のイメージは異色。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント