清水義範『シナプスの入江』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『シナプスの入江』の表紙画像
タイトル
シナプスの入江
かな
しなぷすのいりえ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
シナプスの入江
評価
★★★★☆
レビュー
記憶という曖昧な装置を題材にした小説。忘れてしまった過去の経験、その行動は自分が起こしたものなのだろうか。記憶している過去は本物か。結局はアイデンティティというヤツだが、コンピュータとの比較は新鮮だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント