清水義範『私は作中の人物である』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『私は作中の人物である』の表紙画像
タイトル
私は作中の人物である
かな
わたしはさくちゅうのじんぶつである
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
私は作中の人物である / 魚の名前 / どえりゃあ婿さ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
『フィネガンズ・ウェイク』のパスティーシュである「船が州を上へ行く」。それから初の官能小説(!)「文字化けの悦楽」を見よ。この迫力は尋常じゃない。校正者はさぞかし大変だったろうなぁというおすすめ短編集。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント