清水義範『映画でボクが勉強したこと ― ほんとーに素敵だ

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『映画でボクが勉強したこと』の表紙画像
タイトル
映画でボクが勉強したこと
かな
えいがでぼくがべんきょうしたこと
副題
ほんとーに素敵だ
著者
NDC
778 芸術・美術>演劇・映画>映画
目次
「道」との奇妙な出合い / 「ベン・ハー」は大きくなかった / ボンド、ジェームズ・ボンド (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
古今東西映画エッセイ。「アラン・ドロンとはぼくのことだった」とか映画とともにあった青春を、その喜びを語る。ビリー・ワイルダーがよいだのあの作品はイマイチだの実にシンプルな「映画ファン」という立ち位置。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント