清水義範『戦時下動物活用法』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『戦時下動物活用法』の表紙画像
タイトル
戦時下動物活用法
かな
せんじかどうぶつかつようほう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
空腹姫 / ダイヤの花見 / 平成×年竹林館占 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
自覚的パスティーシュ短編集。厳しい戦争下にあっては犬猫トカゲに至るまで有効に活用しませう。という表題作は、動物愛護協会から苦情は来ないのだろうか?と心配するほど著者には珍しくブラックな味わいのものだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント