清水義範『家族の時代』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『家族の時代』の表紙画像
タイトル
家族の時代
かな
かぞくのじだい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
家族の時代
評価
★☆☆☆☆
レビュー
老いた両親が突然離婚し、それでもこれまでどおり続いてゆく家族の形に騒然とする子供達。やがてその目的は明らかとなる。家族の姿について温かな目を向けながら、的確に描出する長編。その意味では柏木誠治第二弾。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント